LDLコレステロール値が高い原因

動脈硬化を促進する最大の危険因子の1つである、LDLコレステロールですが、いったいなぜ高くなるのでしょうか。

その原因は、以下のことが考えれらます。

食べすぎ

画像の説明

よくコレステロールを多く含む食べ物のとりすぎが理由だと思われがちですが、実はそれだけでは、そんなにLDLコレステロール値は上がらないのです。

コレステロールの70~80%は体内で合成されてつくられていて、20~30%が食べ物からです。

人間の体には食べ物から摂取するコレステロールの量が多かった場合、体内で合成されるコレステロール量を調整してコレステロールの増加を抑える機能があります。

しかし、食べすぎるとエネルギーのとりすぎになり、結果的にエネルギー源として使いきれず、余った分は体内でコレステロールに合成されるので、LDLコレステロール値が上がる理由になります。




肥満

画像の説明

肥満の人は中性脂肪がたくさんたまっています。

インスリンの働きが低下するなどして、中性脂肪がさらに増加するという悪循環を招き、結果としてLDLコレステロール値が上がる理由です。

また同じ肥満でも、皮下脂肪型肥満に比べて、メタボリックシンドロームのもとになる内蔵脂肪型肥満のほうが、LDLコレステロール値も上がりやすくなります。





アルコールの飲みすぎ

画像の説明

適量の飲酒は、血液の循環をよくし、ストレス解消になったり、善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあるといわれています。

しかし、アルコールをとりすぎると、中性脂肪も増え善玉のHDLコレステロールが減少して、LDLコレステロール値が上がる理由になります。





ストレス

画像の説明

ストレスが病気に大きく影響していることが知られているように、コレステロールにも影響があります。

強いストレスがかかると、交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が活発になります。

この副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸の量を増やす働きがあり、最終的に血液中のLDLコレステロールを増やします。

また副腎皮質ホルモンは、血管を収縮させて血圧を上げる作用があり、また血液を固まりやすくし、血栓ができるのを早めるともいわれます。

つまり、ストレスはLDLコレステロール値を上げるだけでなく、動脈硬化の危険因子でもあるのです。





タバコを吸う

画像の説明

タバコには、健康に影響するさまざまな害があることが知られていますが、コレステロールにとっても悪影響をあたえます。

タバコに含まれるニコチンが、中性脂肪の合成を促進させ、LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らします。

タバコを吸う本数が増えれば増えるほど、LDLコレステロールは増え、HDLコレステロールは減るというデータもあります。
またタバコは、吸うだけで血圧を上昇させますから、すでに動脈硬化が進んでいる人は、喫煙が、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞の発作の直接の引き金になるリスクが非常に高くなります。





遺伝

画像の説明

親からの遺伝でLDLコレステロール値が高くなる場合があり、これを家族性高コレステロール血症といいます。

家族性高コレステロール血症は、LDLコレステロール値が高くなりやすい遺伝子を両親もしくは父親・母親のどちらかから受け継いで発症してしまう病気で、体質的にLDLの処理機能に異常があるせいで起こります。

家族性高コレステロール血症には2つのタイプがあり、異常な遺伝子を片方の親からだけ受けついだ場合をヘテロ型、両方から受けついだ場合をホモ型といいます。

ヘテロ型は500人に1人、ホモ型は100万人に1人くらいの割合とされてます。

どちらのタイプも普通の人と同じものを食べているのに、子供の時からすでに高いLDLコレステロール値を示します。




他の病気や薬の服用

画像の説明

糖尿病、甲状腺機能の低下、腎臓の病気、薬剤などが原因でLDLコレステロール値が上がることがあります。

糖尿病の20~50%に脂質異常症がみられるといわれています。

その程度はさまざまですが、多くの場合、中性脂肪値が高くなりLDLコレステロール値が高くなります。

甲状腺機能の低下によって、甲状腺ホルモンの分泌が減る影響でLDLコレステロール値が上がることがあります。

腎臓病になると脂質異常症を起こすことがあり、そうした腎臓病の代表がネフローゼ症候群です。

ネフローゼ症候群は尿にタンパクが多くなる病気で、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。

また一部の降圧薬、ホルモン剤、免疫抑制剤などの薬の服用で、血中脂質値が上がることがあります。

こうした薬を服用するときは医師とよく相談することが大切です。



女性ホルモンのバランスの変化

画像の説明

女性の場合、更年期になると、女性ホルモンのバランスが変化するため、LDLコレステロール値が高くなる傾向があります。

閉経に伴って起こる女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因です。

女性は生理があるうちはエストロゲンの働きで、LDLコレステロール値が正常に保たれています。

しかし、閉経を境にエストロゲンがほとんど分泌されなくなり、LDLコレステロール値も高くなるのです。



このように、LDLコレステロール値が高くなる原因はいくつかありますが、その中でも主な原因は問題のある食生活です。

特に食べすぎなどのエネルギーのとりすぎが、現代人の主な原因でもあります。


こんな食生活ではありませんか?

画像の説明



・脂っこいものが好きでよく食べる

脂肪はタンパク質や炭水化物とくらべて、高エネルギーの栄養素です。

このため、脂肪分の多い食べ物が好きな人は、エネルギーのとりすぎになりやすいのです。



・甘いものが好きで、よくお菓子を食べる

生クリームのケーキや洋菓子、ポテトチップスなどのスナック菓子が好きで、よくおやつに食べる人は注意してください。

糖質と脂肪分のどちらも多く含まれるため、高エネルギーです。

間食としてこれらのものを食べすぎると、中性脂肪も増えやすくなります。



・好き嫌いが多く、偏食ぎみ

肉ばかり食べて、魚や野菜が不足していませんか。

魚に含まれるEPAやDHAはLDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

また、ほうれん草・かぼちゃ・にんじんなどの野菜やわかめ・昆布・ひじきなどの海藻類に含まれる食物繊維も、LDLコレステロールを下げる働きがあります。

なので、これらのものを積極的に食べたいところです。



・食事の時間が不規則だったり、抜くことがある

1日3食決まった時間にきちんと食べていますか。

時間がないなどの理由で、1食抜いたりするのはよくありません。

食事を抜いたり、食事をとらない時間が長くなると、インスリンの分泌が盛んになり、食べたものがどんどん中性脂肪に変えられて、体に蓄えられるように働いてしまいます。

また、夜遅く食べるのもよくありません。

夜遅い時間や寝る前の食事は、中性脂肪が蓄積され、コレステロール値にも影響が出ます。


食生活を改善してLDLコレステロール値を下げよう

画像の説明

LDLコレステロール値を下げるには、食生活の改善は必須です。

上記のような食生活をしている人は、まずこれを改善しなければ、LDLコレステロール値を下げることはできません。

ただ、あたまの中では理解できていても、これを全部改善するのはなかなか難しいという人も多いのではないでしょうか。

特に、日々仕事で忙しい社会人にとって、毎日決まった時間に、毎日バランスのいい食事をとることなど不可能なのでは・・・。

そんな方にオススメのものがあります。

LDLコレステロールを下げるだけでなく、美容と健康もサポートしてくれる飲み物です!