魚介類はコレステロールの低下に効果的

魚にはEPAやDHAという多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。この2つの脂肪酸は動脈硬化を予防する働きがあるのと、血液中の中性脂肪を減らし、結果的にLDLコレステロールも減らす働きもあります。

EPAやDHAは魚の中でも、あじやいわし、さば、さんまのような、青背の魚に多く含まれています。

魚には良質なたんぱく質の供給源でもあるので、積極的にとるようにしたいものです。

但し、食べ過ぎには注意しましょう。エネルギーのとり過ぎを招き、逆効果になりかねません。

一度にたくさん食べるのではなく、1食に食べる量は適量にして、毎日1回は食べるようにしましょう。

swfu/d/ilm19_da01011-s.jpg



またEPAやDHAは酸化しやすく、酸化すると成分も変化してしまうので、有効成分を生かすには、鮮度のよいものを新鮮なうちに食べるのがポイントです。

刺身で食べれば成分は100%とりいれることができますし、加熱する場合は焼き物や揚げ物よりも、煮物にし、煮汁まで飲むようにするほうが効率的にとりいれることができます。

鍋やムニエルなどの調理方法も向いています。また缶詰は鮮度のよい魚をすばやく調理しているため、EPAやDHAが豊富なので、おすすめです。



いかやたこに含まれるコレステロールは、それなりの量が含まれていますが、LDLコレステロール値はあまり上がらないことがわかっています。

これはコレステロールといっしょに多価不飽和脂肪酸を多く含んでいることが理由です。

また、いかやたこ・えび・かに、かきやほたて・あさりなどの貝類はタウリンというアミノ酸の一種が多く含まれています。

タウリンにはコレステロールの増加を抑制する働きがあるとされてます。

さらに、これらの食品にはコレステロールの吸収を抑制するシトステロールを多く含んでいます。

こういったことから、いかやたこなどは、コレステロールを含んではいるものの、逆にLDLコレステロール値を下げる働きのある成分も多く含んでいるため、適量を食べるには問題ありません。

swfu/d/ilm04_cd08002-s.jpg