酢でコレステロールを下げる

酢が体にいいのは、皆さん御存知のことかと思います。

その為に、毎日の健康のためにお料理やドリンクとして、毎日の習慣として酢を取り入れている方もかなり多いかもしれません。

酢の主成分はクエン酸や酢酸など、70種類を超える成分で、体に重要なアミノ酸も豊富に含まれる健康食品です。

酢は、コレステロールを下げるだけではなく、それらよりすすんだ症状である動脈硬化や生活習慣病を予防することができます。

また酢の場合は、少量でも健康効果を期待することができるので、まずは少量でも習慣として定着させることが大事です。

酢に含まれるクエン酸の主成分はアルカリ性であり、私たちの食事の大半を占める肉類や糖質の取り過ぎによって酸性化した体を弱アルカリ性にしてくれます。

さらに疲労回復効果もあるので体が疲れにくい、細胞の活性化にも効果的です。

脂質代謝と糖代謝を促進させる働きがある酢酸は、血液をサラサラにしてくれますので、血栓予防にもなります。

メタボリックシンドロームが気になる世代にとっては、必要とする健康効果がすべて得られる食品でもあります。

コレステロールが引き金になる病気の予防には、毎日の酢で十分ともいえます。

どうしても酢が苦手だという人でも、フルーツ系の酢を飲む、もしくは酢をフルーツジュースと割った飲み物を利用する、料理で頻繁に使うなどして積極的に摂取することでコレステロールを下げることができるでしょう。

毎日すこしずつでも酢を摂取するようにしましょう。