適量のアルコールは善玉のHDLを増やす

適量のアルコールをとると血行をよくしたり、食欲を増進したり、ストレスを解消したりするなどのメリットがあり、善玉のHDLコレステロールを増やす働きもあるといわれています。

また、適量のアルコールを飲む人は、まったく飲まない人に比べて心臓病にかかる率が低いことも、明らかにされています。

しかしアルコールをとり過ぎてしまうと、血液中の中性脂肪が高くなり、HDLコレステロールを減らしてしまいます。

中性脂肪値が高い人は、節酒や禁酒するだけで中性脂肪値は下がるケースが少なくありません。

日ごろから、お酒は適量を守って飲むようにしましょう。

適量とはどのくらいなのかというと、1日あたりに飲む量はビールなら大ビン1本、日本酒なら1合、焼酎なら水割りでコップ1杯、ウイスキーならシングル2杯、ワインならグラス2杯といわれています。

また毎日飲むのではなく、週に2日は休刊日を設けて、アルコールを体から完全に抜くようにするほうがいいでしょう。

swfu/d/20101.jpg

お酒を飲むときは、飲む前に食事をしておなかを満たしておいて、食後に飲むようにすることによって、節酒しやすくなります。

空腹でお酒を飲むと、胃を荒らしたり、肝臓への負担が大きくなるだけでなく、飲みすぎたり、アルコールの食欲増進作用によってつまみの量が増え、食べ過ぎによる肥満を招いて高コレステロール血症になりかねません。

またお酒を飲むときのおつまみは、ついつい揚げ物や肉類などの脂っこいものが多くなり、高エネルギーになるので注意しましょう。