脳卒中について

脳の血管の動脈硬化が進むと、脳卒中が引き起こされることがあります。脳卒中には脳の血管が詰まって起きる脳梗塞と、脳の血管が破れて起きる脳出血、そして脳の表面に近い部分で起きるくも膜下出血とがあります。
現在日本で多いのは脳梗塞で、脳卒中の患者さんの4分の3を占めています。

脳梗塞にはラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、その他のタイプがあって、それぞれ起きる血管の太さや詰まり方が異なります。

ラクナ梗塞は脳の細い血管が詰まるもので、主に高血圧によって引き起こされます。
 
アテローム血栓性脳梗塞は脳の比較的太い血管に起こります。
動脈硬化で脂質プラークができて血流が悪くなったり、そこが破れてできた血栓が内腔を詰まらせたりするのが原因です。脂質異常症による動脈硬化が深くかかわるのがアテローム血栓性脳梗塞です。

心原性脳塞栓症は、心臓でできた血栓が血流に乗って脳に流れ着き、脳の動脈を詰まらせるというものです。突然起き、また脳の太い血管が詰まるので、重症化しやすい脳梗塞です。こちらのタイプの脳梗塞も増加しつつあり、最近では、脳卒中の30%を占めるといわれています。
 
脳出血は、動脈硬化でもろくなった脳の奥の血管に、高血圧で高い圧力がかかったときに起こります。

くも膜下出血は、脳の表面の動脈に瘤ができて、これが破れた場合をいいます。
 

脳梗塞でも脳出血でも、脳卒中になると突然、症状が起きます。
「体の片側が麻痺して、顔半分や手足の片方が動かず、しびれが起きる」
「ろれつが回らずうまくしゃべれない、言葉が出ない」
「うまく立てない、歩けない」
こうした症状がひとつでも起きたときは脳卒中の疑いがあります。
もしも症状がまもなく消えたときは、一時的な脳梗塞であったり、脳梗塞の前触れの発作である過性脳虚血発作(TIA)かもしれません。

くも膜下出血の場合は、とても強い頭痛が起きます。突然、「これまで体験したことがないほどの強い頭痛」
「殴られたかのような痛さの頭痛」
が起きたときは、くも膜下出血のおそれがあります。
 
脳卒中やその前触れを疑う症状があったときは、直ちに治療を受ける必要があります。

現在では、治療の発達によって、脳卒中からそのまま死に至ることはとても少なくなりました。たとえば重い脳梗塞でも、発症から3時間以内の治療で回復することが可能な、t-PAティーピーエーという血栓を溶かす注射薬による血栓溶解療法も広まっています。

しかし、再発と後遺症の問題があります。
脳卒中を何度も繰り返す患者さんが増え、身体障害や言語障害、寝たきりなど、後遺症に悩む人が増えているのも現状です。