肥満とコレステロールの関係

肥満で一番問題になるのは、肥満によって健康を損なうことです。

肥満が健康にリスクをもたらすのは周知の事実ですが、その中でもメタボリックシンドロームなどの成人病リスクは特筆すべきものがあります。

高血圧や高血糖、高脂血症などの生活習慣病は、様々な病気の引き金になりますが、その根本原因は肥満です。

体重を少しでも落とし、肥満をなくすことで、そうした成人病のリスクを大幅に減らすことができるのです。

これはどんな薬品を使うよりも有効な成人病予防の処方箋になり得ます。

毎年の健康診断でコレステロール値が高いと指摘された場合、まずあなたができることは、食生活や生活習慣に気をつけること、そして適度な運動をすることです。

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、それぞれ適切なバランスを保つことが最も大事です。

脂肪の多い食事やカロリーの取り過ぎ等によって高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引きおこさないように、普段からコレステロール値には気を配っておくことが大事です。

肥満とコレステロール値とは密接な関係がありますが、BMIなどで肥満にカテゴライズされる人が必ずしもコレステロール値が高いという訳ではありません。

中にはオーバーウエイトでありながら、適性なコレステロール値のバランスを保っている方もいるでしょう。

しかし食生活や日常生活の中で注意を怠ると、非常に簡単にコレステロールのバランスを崩してしまうものです。

一度高い値になってしまうと、正常値に戻すのは難しくなりますから、危険信号が灯った人は早めに食生活から改善をしていくことが大事です。