緑茶はコレステロールを下げる

緑茶には様々な健康成分があることが知られています。

特に普段から砂糖が沢山入っている清涼飲料水を飲んでいる人は、無糖の緑茶に変えるだけでかなりのダイエットに成功するのではないでしょうか。

緑茶にはビタミンも豊富に含まれているので、ソーダー類よりもずっと栄養価の高い飲み物です。

緑茶の栄養素としては、カテキンがよく知られています。

カテキンは、コレステロールの吸収を阻害するだけではなく、生活習慣病やアンチエイジングの効果も報告されており、健康を意識する世代には、かなり嬉しい成分が含まれる飲み物です。

嗜好品として楽しめるだけではなく、緑茶を飲む習慣を続けることによって、健康や美容にも貢献できるというのは嬉しいですね。

そしてメタボリックシンドロームの初期段階である、コレステロールを下げることにも多いに効果があるとなると毎日の生活に取り入れたいですね。

緑茶というと、以前は家庭で熱いものを急須で飲むというのが普通でしたが、いまでは便利なティーバッグや、ペットボトルで冷たい緑茶などもいつでもどこでも手に入れることができるようになりました。

ですから緑茶好きの人だけではなく、いつでも緑茶を飲むことができる環境にあるのは、コレステロール値のコントロールに苦労している人にとっても喜ばしいことです。

しかも、緑茶なら薬を使ってコレステロール値を下けるよりもずっと副作用が少なく、安心して沢山飲むことができるのもメリットの一つです。

LDLコレステロールが気になる方に

LDLコレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合↓

バナー原稿imp