狭心症、心筋梗塞、心不全について

心臓の血管で動脈硬化が進むと、狭心症や心筋梗塞が引き起こされやすくなり、心不全になることもあります。心臓は心筋という筋肉でできていて、血液を体中に押し出すという、ポンプ機能を果たすために大量の酸素を必要としています。心臓に酸素と栄養を供給しているのは、心臓のまわりを取り巻くように走っている冠動脈という動脈を流れている血液です。
脂質異常症は、この重要な動脈に動脈硬化を起こすことがあります。

冠動脈で動脈硬化が起きると、血液の通り道である血管の内腔に脂質プラークという塊ができますが、脂質プラークには安定プラークと不安定プラークという2つのタイプがあります。

安定プラークとは、いわば血管の血液の通り道(内腔)にできた瘤で、内腔に瘤があればその分だけ血液の通り道は狭くなります。
瘤が大きくなって血液の通りが悪くなると、瘤から先には十分な酸素が供給されなくなったり、あるいはその酸素不足によって冠動脈のけいれんが起きたりすることがあって、これが狭心症と呼ばれる症状です。

ふだんより強く体を動かしたとき、たとえば階段や坂道を登るときに胸が締めつけられるように感じたり、痛くなったり、あるいは安静時でも、明け方に胸が痛くなるといった症状が現れたりすることがあります。

一方、不安定プラークとは、血管の内腔にできた瘤の中の炎症が大きかったり、炎症を取り囲む被膜のような部分が薄かったりする瘤のことです。
不安定プラークは瘤の大きさはあまり問題になりません。
それよりも、瘤がやわらかく、文字どおり不安定な状態なので、心拍数や血圧が上がったり血流の変化が起きたりといったことをきっかけに、瘤に亀裂が入って破れてしまうことがあり、これが大きな問題を起こします。
 
瘤が破れると、そこを修復しようと破れ目に血の塊(血栓)ができます。ところが、その血栓によって血液の流れが妨げられると、不安定狭心症といって重症の狭心症になってしまいます。

さらに血栓によって冠動脈が完全に詰まってしまうこともあって、これは急性心筋梗塞です。急性心筋梗塞になると、突然、激しい胸の痛み、吐き気や嘔吐といった症状が起こります。そのとき、冠動脈が詰まったその先には血液が流れていませんから、心筋は壊死してしまいます。壊死の範囲が広ければ心臓全体が酸素不足、栄養不足に陥って機能しなくなり、そのまま命を落とすこともあるのです。

現在ではカテーテル治療や冠動脈バイパス手術などの治療法が普及し、急性心筋梗塞の死亡率はずいぶん下がりました。
とはいえ、急性心筋梗塞の死亡率10%を超え、専門病院に入院した場合でも5%程度といわれています。

ただし、たとえ急性心筋梗塞で命が助かったときでも壊死した心筋はもとには戻りません。そうした急性心筋梗塞の後、あるいは狭心症が重いときは、心臓の働きが不十分な状態、すなわち心不全になってしまうことがあります。
 
心不全になると心臓がポンプ機能を十分に果たせず、全身に必要な量の血液を送り出せなくなります。そのため疲れやすくなり、動機や息切れに悩まされます。血液の流れが悪くなって体の各所にうっ滞が起き、むくみが出ることもありますし、肺にうっ滞すると息苦しくなって、日常生活に支障をきたすことがあります。

心不全は、心臓弁膜症のような心臓の病気を原因とする場合や、高血圧で長期間にわたって心臓に負担がかかったために起きることもあります。
しかし心不全の患者さんの半分は、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患が原因だといわれています。