女性でコレステロールが高い原因は?

画像の説明
健康診断で、ある年突然に「コレステロール値が高い」と指摘されませんでしたか?

これまでと、生活パターンが変わったわけでもなく、食事の好みが変わったわけでもない。

強いて言えば、年齢を重ねてきただけ。


 
たぶん、心当たり方は40代、50代の女性ではないでしょうか?



ちょうど更年期を経験している時期です。

更年期にさしかかった女性は急に「コレステロール値が高い」と指摘されやすくなるのです。

その原因はいったい何でしょうか。



その答えは女性ホルモンにあります。

更年期は、女性ホルモンが徐々に体から減少していく時期です。

このときに、めまいや不快感、ホットフラッシュなど、さまざまな症状が「更年期障害」として起こることはよく知られていると思います。

この頃、大きな変化が体の中で起こっています。

卵巣の働きが衰えることによって、女性ホルモンのエストロゲンがほとんど分泌されなくなるからです。

月経周期などをコントロールしていた卵巣からの女性ホルモン分泌のバランスが崩れて、やがて排卵は起こらなくなり、月経も停止します。

これが閉経ですが、平均して50歳~55歳ごろまでにほとんどの女性が迎えます。

もちろん閉経年齢には個人差はあります。

閉経を境とする時期にはエストロゲンの分泌が低下することによって、LDLコレステロール値が高くなります。


エストロゲンはLDLコレステロールの肝臓への取り込みを進める働きをしていますが、エストロゲンの分泌が低下すると、LDLコレステロールの肝臓への取り込みも減少して、血中にLDLコレステロールが増加してくるのです。

画像の説明

コレステロールを指摘される方の割合は40代で急激に増え、男性は50代でピークに、女性は50代でさらに増加することが確認されています。

指摘される方の割合が増えていく40代、50代こそ食生活など生活習慣の見直しが必要ではないでしょうか。