善玉、悪玉コレステロール

コレステロールにはよく、LDLに含まれる悪玉コレステロールとHDLに含まれる善玉コレステロールがあるといわれますが、コレステロールそのものに種類はありません。

コレステロールを運ぶリポタンパクのはたらきの違いによるものなのです。

では、なぜLDLは悪玉、HDLは善玉と呼ばれるのでしょうか。

LDLそのものはけっして悪いものではありません。コレステロールを必要とする体の組織に運ぶ、大切な役割を果たしています。

ただ、細胞が必要とするコレステロール量は限られているため、余ったLDLが血液中に増えすぎると血管壁に沈着して動脈硬化をおこす原因になります。

それで悪玉と呼ばれるのです。

逆にHDLは細胞の余分なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきをします。

血管壁にたまったコレステロールも回収し、動脈硬化を防ぐはたらきもあるため善玉と呼ばれるのです。



超悪玉コレステロール

LDLの粒子の大きさは一様ではありません。粒が大きいものと小さいものがあります。
粒が小さく比重が重いものを小型LDLといいます。

この小型LDLが増えると動脈硬化がより強く促進されるため、これに含まれるコレステロールは超悪玉コレステロールといわれす。

小型LDLが血液中に増えると動脈硬化を起こしやすくなる理由は、

(1)LDLの粒が小さいため血管壁に入り込みやすい
(2)小型のLDLは普通のLDLにくらべて抗酸化物質の含有量が少ないため、酸化されやすい
(3)血液中にとどまってる時間が長い

ことがあげられます。