低コレステロールは危険

コレステロールは高いより低いほうがいいと思っている方は多いのではないでしょうか。

実はコレステロールは低いほど危険な病気になりやすいのです。

現に高コレステロールよりも、低コレステロールによる死亡率のほうが高いというデータがあります。

コレステロールは私たちの体にとって不可欠の存在であり、LDLコレステロールが新鮮なコレステロールを全身に運び、新しい細胞膜になったり、また体のどこかで炎症が起きていれば、それを修復するためによりたくさんの材料を運ぶはたらきをします。

コレステロール値が低いということは、こうした修復材料が少なくなることになります。

LDLコレステロールという修復材料が不足してしまうと、体各部の細胞組織は十分に再生できなくなって、弱ってしまいます。弱くなった細胞はウイルスや細菌に侵されやすくなり、免疫機能を低下させてしまいます。

するとどうなるかというと、がんや脳卒中のリスクが高くなります。

またコレステロールは各種ホルモンの材料にもなっているので、不足するとこちらの面でもさまざまな影響が現れます。

例えばうつ病などがそうです。女性で出産後にうつ病になる人がいますが、これは出産後にコレステロール値が急激に下がることが原因で引き起こしています。

コレステロールは脳の6割を占める成分ですから、それが少なくなれば、脳に思わしくない影響がもたらされることも十分考えられるのです。

コレステロールは私たち人が生きていくうえで必要不可欠の物質です。

それを低下させてしまうことが、人間にとってどんなに危険なことなのか十分に理解することが必要ではないでしょうか。