中性脂肪はどんなもの?

中性脂肪はコレステロールと同様に脂質のひとつで血液中のコレステロール値が高いと中性脂肪も高くなる傾向にあります。

また中性脂肪が多いと、善玉であるHDLが少なくなってしまうので生活習慣病を招きやすくなります。

中性脂肪は、体を動かすエネルギー源で体内に貯蔵されます。

貯蔵されている中性脂肪は、食事が少なかったり、激しい運動などでエネルギーが不足した時に遊離脂肪酸に分解されて使われます。

また皮下脂肪として体温を一定に保ったり、体のクッションの役目もするのです。

中性脂肪は、食事がとれなかったときなどに備える貯蔵用のエネルギーとして体内に蓄えられますが、増えすぎると人間の体は太ってきます。

また中性脂肪は食べ物によってとった脂質だけではありません。

肝臓で合成されて中性脂肪が増えていきます。

炭水化物や糖質、たんぱく質やアルコールを原料としてつくられる中性脂肪は、これらを含むものを食べ過ぎると肝臓でどんどん合成されて増えていき、たまっていきます。

体内の中性脂肪が増えると、体が太るだけではなくいろいろとリスクが出てきます。まず肝臓の機能が低下します。

アルコールを大量に摂取すると、急激に血液中の中性脂肪の濃度が上昇し、急性すい炎をおこすことがあります。

また余分なコレステロールを回収するはたらきのある善玉といわれるHDLが減ったり、血管壁に入り込みやすく酸化もしやすい超悪玉のLDLが増えてきます。

そして血液が固まりやすくなるので、動脈硬化が促進されやすくなってしまいます。