リコピンはお肌にもいい

シミの直接の原因は皮膚にあるメラニン色素の沈着です。

紫外線に当たることにより、皮膚では活性酸素が発生します。

活性酸素が発生することにより、メラニン生成に必要な酵素「チロシナーゼ」の活性化を促す物質が放出されます。

そして「チロシナーゼ」が活性化され、メラニン色素が生成されるというわけです。



年齢が若く新陳代謝が活発な頃なら、少々紫外線を浴びる量が多くても、時間の経過とともにメラニン色素は分解されて消え、元の肌へと戻ります。

しかし、年齢とともに新陳代謝は衰えてくるので、それほど紫外線を浴びていなくても、消えずに残ってしまうメラニン色素がでてきます。

これがシミになるのです。



リコピンを摂取すると、紫外線によって皮膚で発生した活性酸素を消去してくれます。

また、メラニンの生成に必要な酵素「チロシナーゼ」の量を減らしたり、活性を弱めたりしてくれます。

つまりシミの生成を抑制してくれるのです。


画像の説明

この他にもリコピンはしわの生成を抑える働きがあります。

いつまでも若々しさを保ちたい女性にとって、シミや顔のしわは悩みの種ですよね。

これは老化現象によるものなのですが、実はこのしわの生成にも紫外線が関係してくるのです。

私たちの肌に弾力やハリをつくり出しているのは、表皮の下の真皮にあるコラーゲンです。

このコラーゲンは皮膚の強度や弾力を与える働きをしています。

しかし、紫外線による活性酸素の影響を受けると、コラーゲンの量が減少して、肌は弾力やハリを失って硬くなり、しわになってくるのです。

リコピンには皮膚に発生した活性酸素を消去する働きがあります。

したがって、リコピンを摂取することでコラーゲン量の減少を抑制することができ、しわの生成を抑えることができるのです。



このようにリコピンを摂取することで、シミやしわなどのお肌のトラブルを防ぐことに効果を期待できるのです。