ビタミンCとEで動脈硬化を予防する

ビタミンは健康を保つためには欠かせないものです。不足すると、いろいろな病気の原因にもなります。ビタミンの中でも、ビタミンCとビタミンEは、血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ働きがあります。動脈硬化をひき起こす大きな原因のひとつがLDLコレステロールの酸化で、このLDLが酸化するのを防いでくれるのが、ビタミンCとビタミンEなのです。

ビタミンCは、果物や野菜に豊富に含まれています。水溶性の抗酸化物質でカゼやストレスに対する抵抗力を高めてくれます。ビタミンCは、ストレスや喫煙によって大量に消費されます。タバコを吸う人は、より多くのビタミンCが必要になるということになります。

またビタミンCは、コレステロールを減らす効果もあるといわれています。ビタミンCは、胆汁酸の合成をさかんにする働きがあるので、ビタミンCがたくさんあると、コレステロールが効率よく利用されるのです。

ビタミンCは水や熱に弱いため、洗ったりゆでたりすると流出したり破壊されたりして、成分の半分が減ってしまうので、調理には注意が必要です。生で食べるのがいちばんです。
加熱する場合は、短時間で調理するようにしましょう。

ビタミンEは、抗酸化力が強く、特にLDLの酸化を防ぐ大きな働きをしています。また、血管を丈夫にし血行を促進し、ホルモンの分泌を調整して、発ガンを抑える作用も報告されています。ビタミンEは油に溶ける脂溶性で、豆やナッツ類、穀類、植物油、緑黄色野菜、肉、魚など多くの食品に含まれているので、バランスのよい食事を心がけていれば、不足することはまずないでしょう。

ビタミンEには、ビタミンCの酸化を防ぐ作用があります。ビタミンCには、ビタミンEの働きを助ける作用があり、2ついっしょにとることによって、抗酸化作用がアップします。

動脈硬化を予防するために、ビタミンCとビタミンEをたっぷりとるようにしましょう。