タバコはLDLコレステロール値を上げる

swfu/d/ilm07_aa16020-s.png

タバコを吸うと中性脂肪の合成を促し、血液中の悪玉であるLDLコレステロールが増え、善玉であるHDLコレステロールが減ってしまいます。

これはタバコのニコチンによる作用ではないかといわれています。

実際に、タバコを吸う本数が多くなればなるほど、中性脂肪が増え、HDLコレステロールが減るというデータ結果も出ています。

またタバコを吸うことは、動脈硬化を進行させる危険因子でもあります。

タバコのニコチンによって、ホルモンの分泌が活発になり、血管を収縮させ脈拍数が増えて、高血圧をもたらします。

血液中にニコチンが増えてくると、一酸化炭素も増加して血液を固まりやすくし、血栓をできやすくします。

こうして動脈硬化が進行しやすい状態になってしまいます。

今までに心筋梗塞や狭心症の発作をおこしたことがある人や、すでに動脈硬化が進んでいる人がタバコを吸うことは自殺をするようなものです。

それぐらい危険なことです。

また、コレステロール値が高い人や高血圧の人にとっても、タバコは動脈硬化や心筋梗塞を促進しやすく、リスクを大きくします。今すぐに禁煙すべきです。