ストレスはコレステロール値を上げる

コレステロールは、毎日の生活習慣や食習慣が影響を及ぼしているのはよく知られていることですが、ストレスもコレステロール値の上下にかなり影響しています。

ストレスを多く感じしている人は、当然のことながらコレステロール値も高くなってしまいます。その原因は、ストレスが多くかかることによって自律神経が乱れてしまう為です。

自律神経の働きが乱れると、副腎皮質ホルモンやカテコラミンが分泌されるのですが、副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸の量を増やし、コレステロールや中性脂肪酸の合成を促進してしまいますし、カテコラミンには、血管を収縮させるので、血圧を上昇させてしまいます。

その為、ストレス状況を長く続くと、それだけコレステロール、中性脂肪の合成が促進させ、高脂血症を起こしやすくなるのです。

もともとコレステロール値が高い人は、普段の生活でよりストレスを感じ、リスクを高くしている傾向があります。

もちろん普段の生活でまったくストレスを感じなくすることは不可能ですが、よいストレス解消の方法を考えるとか、そのストレスを過食やお酒など、よりリスクの高い方法で解消しないことが大事です。

なるべく食生活に気を配り、十分な睡眠をとってストレスコントロールをすることが、成人病予防、コレステロールのコントロールにおいて一番大事なことだと言えます。

ストレスと上手に付き合い、もしあなたがメタボリックシンドローム予備軍や成人病世代なら趣味や適度な運動をするなどして健康管理、ストレス管理に気を付けてみましょう。