コレステロールも中性脂肪もなくてはならないもの

コレステロールや中性脂肪は、増えすぎると肥満になったり、生活習慣病の原因になるので体に悪いものと思われがちですが、人間の体を維持するのには必要不可欠なもので、不足すれば逆に健康を害するおそれもあります。

コレステロール値が高すぎることによってひきおこす病気はよく知られていますが、逆に不足した時にもいろいろと影響してきます。

細胞膜や血管が弱くなって脳出血などをおこしやすくなったり、免疫力が低下し、発がん率が上がるという調査もあります。

中性脂肪も体にとってエネルギー源や保温のはたらきがあるため、なくてはならないものですが、増えすぎると動脈硬化を促進させたり、肥満の原因になります。

逆に少なすぎると体に必要な栄養素が不足し、抵抗力が落ちて病気になりやすくなったり、体力が低下したりします。

このようにコレステロールや中性脂肪は多くても少なくてもだめで、基準値の範囲内になるようにしなくてはいけません。

hakase-090112.png