コレステロールと生活習慣病の関係

日本人の生活習慣病での死因の第1位はがんで、2位は心血管疾患(心臓病)、3位は脳血管疾患(脳卒中)です。近年増えてきているのが2位の心血管疾患で、これはほとんどの場合、心筋梗塞や狭心症などを示します。3位の脳血管疾患は脳梗塞などを示します。

swfu/d/GUM06_CL04025.jpg

心筋梗塞心臓が栄養としている冠動脈の血流量が下がり、心臓の筋肉の一部が壊死する病気です。

胸全体に激しい痛みが突然起こり、冷や汗、呼吸困難、嘔吐などの症状を伴い、意識を失ったり、最悪の場合心臓が止まって死亡します。

長時間続きますので、すぐに医師による手当てが必要です。



狭心症心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常により起こる病気です。急に胸に締め付けられるような痛みが出ます。

階段を上ったり、走ったり、重い荷物を持ったときなどによく起こり、短時間におさまることがほとんどです。

swfu/d/GUM06_CL04017.jpg



脳梗塞脳の動脈に血栓が詰まって血流が止まってしまう病気です。

脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいいます。

半身麻痺、しびれ・感覚低下、意識障害、言語障害などが生じます。




この心筋梗塞、狭心症、脳梗塞といった血管に関係する病気を引き起こすのが動脈硬化です。

血液中に余分なLDLコレステロールが増えすぎると、動脈硬化を促進して、これらの血管系の病気の発症の危険を高めることになるのです。


動脈硬化には自覚症状がありません。
痛くもかゆくもないので、気がつかない間に進行していき、ある日突然、心筋梗塞などの病気になるという恐ろしさがあります。

動脈硬化は、LDLコレステロールが大きく関係しているので、今現在、健康で特に何も心配要素がなくても、健康診断などでLDLコレステロール値が高めなどの指摘を受けた場合、注意が必要です。

まず食事の改善や運動などによってLDLコレステロール値を下げるようにしましょう。

あるいは医師の診断によっては、薬物治療を受ける必要があるかもしれません。

動脈硬化は悪玉のLDLコレステロール値が高いだけでなく、善玉のHDLコレステロール値からも影響を受けます。

HDLコレステロールは、血管に沈着したコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあります。

HDLコレステロールが多ければ、LDLコレステロールがやや多めでも、動脈硬化はなりにくいのです。

逆にHDLコレステロールが少なければ、動脈硬化を促進させる可能性が高くなるといえるでしょう。