わかめや昆布などの海藻類はコレステロールを下げる

わかめや昆布は健康食品として、私たちの食卓に頻繁に登場してきました。

日本のオーソドックスな食卓に欠かせなかったこうした海草類ですが、最近では、肉類や油脂類中心の食事が一般化するに従って、こうしたコレステロールを自然に下げる食品の、食卓への登場が少なくなっているのも事実です。

わかめや昆布に含まれるアレギン酸はコレステロールを下げる、胆汁酸の吸収を抑制する働きがあるだけではなく、腸内のナトリウムを吸着させ体外に排出する働きをしてくれます。

また、海藻全般に含まれているフコイダンは、腸のなかの余分なコレステロールや老廃物を体外に排泄してくれます。

さらにフコイダンは、体の免疫力を高める働きもしてくれるので、海藻類は、毎日の食事にしっかり取り入れたいものです。

最近、こうした海草類を豊富に使った和食が見直されているのも非常によい傾向だと思います。

和食はナトリウムが多いのが唯一のネックですが、海藻がナトリウムを吸収してくれるので体内の塩分量もコントロールできるのです。

わかめや昆布だけではなく、海藻類を沢山とって、コレステロールを下げるだけではなく、さまざまな健康相乗効果を狙いたいものですね。

便秘症の人にも海草類は有効ですし、メタボリックシンドロームや肥満に悩み、ダイエット中の人でも海藻は腹持ちがいいので、非常におすすめの食品の一つです。

海藻を原料とした寒天などもいいでしょう。

まずはすこしでもこうした健康的な食品を食卓に並べることが、コレステロールを下げることに繋がるでしょう。