そのほかの血管病

心臓や脳、腎臓の血管以外で起きる動脈硬化による血管病も増えています。

心臓から出て、全身に血液を送る最も太い動脈である大動脈で動脈硬化が進むと、血管壁の弱くなった部分が瘤のように膨らんでしまうことがあります。これを大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)といいます。

大動脈瘤が血管にできても自覚症状はほとんどありませんが、瘤がどんどん大きくなって、ある日突然破裂して大出血を起こしたときが大動脈瘤破裂です。

大動脈瘤破裂は心停止、呼吸停止に至ることがあります。また、血管の内側が裂けてしまう大動脈瘤解離というタイプもあって、こちらも命にかかわります。
 
ほとんどの大動脈瘤は破裂するまで症状がありません。そこで検査で動脈に瘤が発見されたときには、経過を観察し、場合によっては手術による治療が勧められます。高血圧が続くと破裂しやすくなるので、血圧を下げる治療も必要です。

また足の動脈で動脈硬化が進むと、血管の内腔が狭くなったりふさがったりする閉塞性動脈硬化症が起きることがあります。

この病気になると足の血流が悪くなるので、足がしびれたり痛んだり、また間欠跛行(かんけつはこう)といって、少し歩くと足が痛くて歩行が止まってしまうという典型的な症状も起きます。重症になると壊死が起き、かつては足の切断が行われることもまれではありませんでしたが、現在では重症の場合には血管の狭くなった部分を広げるカテーテル治療や、血液の通り道を新しくつくるバイパス手術などのほかに血管再生治療なども行われるようになり、足を失うことはなくなってきました。