ごまはコレステロールを下げる

ごまは、コレステロールを下がる食品として、最近注目を集めている食品の一つです。

サプリメントなどにも利用されるようになったごまですが、その主成分はセサミンです。セサミンを食べると、脂質を分解する酵素の遺伝子が活性化されて、作られる酵素の量か増えることが分かっています。

ですから、コレステロール値が気になっている人は、ごまを沢山食べるといいのです。

ごまに含まれるセサミンの優秀なところは、体に必要な脂肪の吸収は阻害せずに、コレステロールなどの不必要な分の脂質の分解や合成のために働いてくれるところです。

体内のコレステロールの値が高いときは、肝臓でのコレステロール合成を低下させてくれ、きちんとコレステロール値をコントロールできるところです。

また、ごまには不飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれているので、悪玉コレステロールを下げる働きがあるのです。

もちろんコレステロールの値はバランスが大事ですので、セサミンが脂質全体をコントロールしてくれることで体全体のコレステロールバランスが取れることにもなります。



このように食品によってコレステロールを下げることができるのは、もう一つメリットがあり、つまり薬等を使ってコレステロールを下げるよりも副作用や悪影響を最小限に抑えつつ、有用な効果が得られることです。

ごまが苦手な人でも、いまはセサミンという成分だけを摂取できるサプリメントも出ているので、そちらを試してみることもいいかもしれません。