健康診断でコレステロールが高い、あるいは要食事制限と診断されたら注意が必要です!

画像の説明

画像の説明

しかしコレステロール値を指摘されても、今現在、体に異常があるわけではないので放置したままの人も多いのではないでしょうか。

でもこのまま放置したままでいると、将来健康が脅かされてしまうことがありますので、すぐに対策を始めるようにすることが大切です。



「では、何をどう対策すればいいのか?」
「コレステロールは本当に体に悪いのか?」
「LDLコレステロール値が高い原因は何か?」
「どうやってコレステロールを下げればいいのか?」

様々な疑問が出てくるかと思います。


コレステロールは体に必要なもの

コレステロール=悪い イメージを持っていませんか?

コレステロールは私たちの体に欠かせない物質のひとつです。

コレステロールが体に悪いというのは誤解で、実は生命維持に欠かせない成分なのです。

私たちの体は約60兆個の細胞によって作られています。

コレステロールはこの細胞の膜を構成する大事な成分になります。

そのため、血液中のコレステロールが減ると、血管の組織がもろくなります。

すると、どんなことが起こるかというと、

・皮膚の組織が衰えて、張りがなくなる
・老化がすすむ
・免疫力が低下して、病気にかかりやすくなる
・回復力が遅くなる

といった細胞膜のはたらきが低下します。

また、私たちの体の機能を調整する副腎皮質ホルモン、男性ホルモンや女性ホルモンもコレステロールを原料にしています。

なので、これらのホルモンの低下は性機能、体の防衛機能の低下をもたらします。

このほかにも、コレステロールは食事でとった脂肪の消化や吸収を助ける胆汁酸を合成するときにも必要です。

このように、コレステロールは生きていくうえで必要不可欠な存在で、低ければ低いほどよいというわけではありません。

ただここで問題なのが、余分なコレステロールが増えすぎると体に悪い影響を及ぼすため、コレステロールが体に悪いというイメージが強まっているのです。


コレステロールが高いままだと、何が問題なのか?

画像の説明

コレステロールが高いままだと、なぜ健康によくないのでしょうか。

まず、その理由のひとつとして注目してもらいたいのが、LDL(悪玉)コレステロールの量です。

LDLコレステロールが増えすぎると、「動脈硬化」や「血栓」のもとになります。

動脈硬化や血栓は、日本人の死因の上位にもあげられる心筋梗塞や脳卒中などの病気を引き起こします。

健康診断や人間ドッグでコレステロールを指摘された方は、LDLコレステロール値が基準値より高いはずです。

LDLコレステロールは、コレステロールを全身に運ぶ役割がありますが、体の中に余分なコレステロールが増えすぎると、体に悪い影響を及ぼします。

なので、悪玉コレステロールと呼ばれているのです。

重大な病気の要因になる、「動脈硬化」や「血栓」を予防するためにも、LDLコレステロールを増やしすぎないことが大切だということが理解できるかと思います。


では、LDLコレステロール値が高い原因は何か?

画像の説明

LDLコレステロール値が高い原因として、

・食べすぎ
・肥満
・アルコールの飲みすぎ
・ストレス
・タバコ
・遺伝
・女性ホルモンのバランスの変化

これらのことが考えられます。

その中でも、特に食べすぎ、肥満といった現代社会における食生活が大きな影響を与えています。

一般的には、コレステロールを多く含む食べ物のとりすぎが原因だと思われがちです。

しかし、そうではありません。

食事からのコレステロールはすべて吸収されるわけではなく、6割は便といっしょに排出されます。

つまり、食べ物自体のコレステロールの量がそのまま血中コレステロールになるわけではありません。

体内では常に一定量のコレステロールが必要なため、生体はこれを合成するとともに、食事でとりすぎた時には、合成を抑制されるように働くからです。

むしろ、食べすぎなどのエネルギーのとりすぎが、LDLコレステロール値が高くなる原因なのです。

食べすぎたり、運動不足になったりすると、エネルギー源が使いきれず、肝臓ではコレステロールの合成が高まります。

さらに、食べすぎをつづけて運動をしないでいると、肥満になります。

そうなると、悪循環を招くことになります。

肥満になると中性脂肪がたくさんたまっています。

すると、インスリンの働きが低下するなどして、中性脂肪がさらに増加します。

中性脂肪が血液中で増えると、HDL(善玉)コレステロールが減少し、LDL(悪玉)コレステロールが増加するという相関関係があるのです。

なので、肥満はLDLコレステロール値が高くなる原因になるのです。


食生活を改善してLDLコレステロール値を下げよう

画像の説明

食べすぎや肥満が、LDLコレステロール値が高くなる原因なのは理解できたと思います。

食べすぎや肥満を招く原因は、まず第一に食事の量が全体として多いことにあります。

なので、全体のカロリー量を意識して、食べ過ぎには気をつけるようにしなくてはいけません。

ただし、朝食を抜くなど、食事の回数を減らしてエネルギー量を抑えようとするのは逆効果です。

体は防衛反応として次の食事でエネルギーを目いっぱい取り込もうとしますので、結果として体脂肪が増えます。

きっちり3食、適量で食べるようにするのがポイントです。

また、栄養バランスをよくすることも大切です。

毎日できるだけ多種類の食品を少量ずつ食べるようにしましょう。

食事の時間も規則正しく、不規則にならないようにしてください。

食事をとらない時間が長くなると、インスリンの分泌が盛んになり、食べたものがどんどん中性脂肪に変えられて、体に蓄えられるように働いてしまいます。

また、夜遅くの食事も、余計な中性脂肪が体に蓄積されやすくなりますので気をつけましょう。

さらに、脂肪のとり方にも注意が必要です。

脂肪は、タンパク質や炭水化物とくらべて、約2倍のエネルギーを持つ高エネルギーの栄養素です。

なので、脂肪分の多い食べ物はとりすぎないようにしてください。

逆に、食物繊維をたっぷりととることをおすすめします。

便秘を解消する効果として知られている食物繊維は、LDLコレステロール値を下げる働きもあります。

また食物繊維は、腸内のコレステロール自体も体外に排出する性質もあるため、腸から吸収されるコレステロールの量を抑えてくれます。

なので、積極的に食べるようにしましょう。


しかし、これらのことに気を付けて毎回食事をするのは、現代の食生活ではなかなか難しいところです。

従来このLDLコレステロールを下げるのは、そう簡単なことではありませんでした。

食生活を改善したり、定期的に運動を続けたりと根気よく努力しなければなりませんでした。

「他に、LDLコレステロールを下げる食事法はないだろうか」という方もおられると思います。

そんな方に、手軽にコレステロール対策ができるように様々な会社からサプリメントなどが販売されています。

その中でも、今もっとも注目されているのがこちら

画像の説明