健康診断でコレステロールが高い、あるいは要食事制限と診断されたら注意が必要です!

画像の説明

画像の説明

しかしコレステロール値を指摘されても、今現在、体に異常があるわけではないので放置したままの人も多いのではないでしょうか。

でもこのまま放置したままでいると、将来健康が脅かされてしまうことがありますので、すぐに対策を始めるようにすることが大切です。

では、何をどう対策すればいいのか?

コレステロールは本当に体に悪いのか?

LDLコレステロール値が高い原因はなにか?

どうやってコレステロールを下げればいいのか?

様々な疑問が出てくるかと思います。

コレステロール=悪い イメージを持っていませんか?

コレステロールは私たちの体に欠かせない物質のひとつです。
コレステロールが体に悪いというのは誤解で、実は生命維持に欠かせない成分なのです。

ただここで問題なのが、余分なコレステロールが増えすぎると体に悪い影響を及ぼすため、コレステロールが体に悪いというイメージが強まっているのです。

健康診断や人間ドッグでコレステロールを指摘された方は、LDLコレステロール値が基準値より高いはずです。

LDLコレステロールは、コレステロールを全身に運ぶ役割がありますが、体の中に余分なコレステロールが増えすぎると、体に悪い影響を及ぼします。

なので、悪玉コレステロールと呼ばれています。

一方、HDLコレステロールは血中の余分なコレステロールを減らし、健康に役立つ働きがあります。

だから、善玉コレステロールと呼ばれているのです。

近年注目されているのが、この善玉であるHDLコレステロール値です。

HDLコレステロールを増やすことで、体に悪影響を及ぼす余分なLDLコレステロールを回収すことができるのです。

しかし、善玉であるHDLコレステロールを増やすことは、そんなに簡単なことではありません。

食生活を改善したり、定期的に運動を続けたりと根気よく努力しなければなりません。

ですが、現代社会の中でこれらのことに気を付けて毎回食事をしたり、定期的に運動を続けたりするのはなかなか難しいのが現実です。



そんな人におすすめしたいのが、LDLコレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合した、